襖にはどのような種類があるの|水戸市の障子・襖の張替なら金沢屋にお任せください。

金沢屋 元吉田町店
電話 0120-574-638 電話受付時間 8時30分〜19時
水戸市の襖・障子・畳・網戸

FAQ

Q

襖にはどのような種類があるの?

質問 大学を出て東京の会社に就職し、最初の赴任先は千葉で、次は神奈川で、その次は埼玉と関東の主要都市を回っていましたが、ようやく私の希望が受け入れられて地元である水戸市で働けるようになりました。
一応よほどのことがなければずっと水戸にいられるとのことなので、念願のマーホームを地元で購入しようと現在物件探しをしているところです。
東京などと違い、こちらは土地が安いので、予算内で大きな家も買えそうなのでワクワクしながら妻と一緒に休日は不動産探しをしています。
土地を購入して家を新築することも考えましたが、中古物件ならローンを組む必要もないし、いろいろな物件を見て回りましたが、良さそうな物件がたくさんあるので、すでに候補は絞っています。
値段もお手軽で間取も立地も文句のない家があって、妻はそこが良いと言っているのですが、私があまり希望していない和室が2つあって、部屋の中はキレイなのですが、襖に変な柄が付いているのでその家を購入するなら襖を交換しようと思っています。
そこで質問なのですが、襖にはどのような種類があるのでしょうか?それと、自分では交換できないので専門業者に依頼しようと思っているのですが、襖を交換するのにどのくらいの費用がかかりますか?

矢印

A

大別すると襖には本襖と量産襖の2種類があります

襖の材質は大きく分類すると「本襖」と「量産襖」の2つの種類に分けられます。
本襖は和襖とも呼ばれていて、日本で古くから使われてきた伝統的な方法で作られる襖のことです。
下地材は木材で基本的に職人が手作りするため、1つの襖を仕上げるのにそれなりの時間がかかります。耐久性にも優れて古くからの電動的なデザインも特徴的です。
量産襖はその字の通りに機械で大量生産される襖です。本襖よりも値段が安いのが大きな特徴です。デメリットとしては伝統的な趣が感じられない点と、量産襖は通常張替えできるのが4回程度となっていることが挙げられます。
また、襖と聞くと和室の部屋の間仕切りの引き戸を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、他にも和室と洋室を仕切る戸襖や、押し入れ、天袋、地袋などにも使われています。襖の張替価格は本襖か量産襖かによっても変わりますが、使用される場所によっても変わります。例えば一般的な間仕切りに使用される襖なら4,000円〜40,000円程度、押し入れなら3,000円〜25,000円程度となっています。

PageTop